【 UmiYomi 】映像プロジェクト

しばらく前から取り組んでいる、UmiYomi(海詠み)についてご紹介します。


コロナ禍で何か新しいことを始めたという人、多いのではないでしょうか。

わたしにも起こったそんな変化の1つが、UmiYomi。友人でありお客様でもある、ダンサーのゆみちゃんと始めた映像プロジェクトです。


 

1. UmiYomiの発足まで

2. 展示のこと

3. 御礼など

 

変わりゆくものの記憶を記録しておきたかった

コロナ禍が始まって、通常通りに仕事をすることが難しくなった一昨年から昨年にかけて。 空いた時間に海へ通う中でふと、一つの問いが湧いてきました。

ー あと何年、今と変わらず水中を楽しめているだろうか?


歳を重ねてもずーっと潜り続けたいと、思ってはいます。

けれど体力は落ちていく。体を壊すこともあるかもしれない。

海の中だって刻々と変化し続ける。

何もかも、変わらないなんてことはない。

この島へ移り住む数年前、大規模な白化でたくさんのサンゴ礁が影響を受けたと聞いていました。8年前のわたしは、海の中で繰り返し呟いていたのです。

ー 10年前、30年前、50年前のこの場所には、どんな景色があっただろう。みたかったぁ!

そんな記憶に考えを巡らせているうちに、目の前の景色を、残しておくべきタイミングなのかもしれない、と思うようになりました。できるなら、30年後に見返しても鮮やかに記憶を刺激してくれるような、何かしらユニークな方法で。


水中写真も動画も数え切れないほど撮ってきました。

けれどわたしの場合、しばらく時間をおけば、それらを見返すことはなくなるのが常。単なるデータとしてゴミ箱に積もっていく景色のカケラたち。多分それは、写真も動画もどんなにキレイに撮れていても、実際に目にしていたものと比べれば大したことないって分かっているせいなのです。


だったら、無意識のうちにも反芻してしまうような想いのこもった記憶を、映しとれないか。 物語を綴ったら、面白いかもしれない。そう考えました。



踊る人、ゆみちゃんへのお誘い

ゆみちゃんとは数年前、わたしのスキンダイビング講習へ参加してくれたことをきっかけに知り合いました。ダンサーである彼女の参加動機は、潜ることも上手くなりたいけれど、陸では得られない水中の動きを体験し、学んで、ダンスパフォーマンスに活かしたい、というもの。

踊ることに関して、凄まじい集中力とエネルギーを発揮するゆみちゃん。探究心いっぱいの彼女を応援するのは楽しくて、サポートできることがあるなら... と見守る気持ちを持ったのがそもそもの始まりだったように思います。

水中でのパフォーマンスや撮影を目標としていたゆみちゃんには、早いタイミングで知人のカメラマンさんを紹介済みでした。ところが、コロナの影響を受けてカメラマンさんの海外滞在が長引き、撮影予定は見送ることになってしまった... それなら、練習がてら自分たちで、何か作ってみませんか。

そんなふうに、お誘いさせてもらいました。

撮影と編集は、手っ取り早くわたしが担当。水中で撮影できて、遠慮なく意見を言い合えて、なおかつフットワークが軽い新たなカメラマン探しなんぞ、そこでつまづく未来しか見えなかったからしょうがない。

撮影について深い知識も、専門器材もない。それでも、作りたいものは見えている。何も残らないまま時間だけが過ぎてしまことが、イヤだったのです。

だから今できるかもしれないことを、とりあえずやってみよう?


 

プロジェクター展示 @ giving tree home

手探りで始まったプロジェクトでありながら、幸運にも、展示に手を挙げてくださる場所がありました。野底にある、自家製天然酵母パンを食べられるカフェ、『giving tree home』さんです。

あれ?わたしココ住んでましたっけ?みたいな不思議な居心地の良さを感じさせてくれるお店。


アート好きで、店内の壁掛けアートも定期的に入れ替えているオーナー夫妻の樹さんと視三紀さんには、まだ作品としての形が出来上がっていない段階からいろいろとご協力いただきました。そして展示方法について彼らとも相談を重ねた結果、ギビングさんとしても初の試みになるプロジェクター展示が決定。

編集過程であれこれ悩んだ結果、まとまったのが下4本の動画です:

それぞれ独立した内容なので、合間には海や水、自然がテーマになっている詩を挟んで区切りをもたせ、最終的には全体で23分ほどのコレクションになりました。


営業時間中、それをリピートで流していただいています。

まさかプロジェクターで流すことになるなんて、制作段階では露程も想像していなかった!

プロジェクター映像、独特の雰囲気があって、よいです。MacとiPhoneのスクリーンで何百回と同じ絵面を観てきたわたしでも、初めて目にする作品のように思えたプロジェクターマジック。映像を映している店内の壁が真っ白でないところもポイントだと思います。クリームがかった白によって全体的にやさしげな色補正がかかっていて、それはそれで素敵。


ギビングさんでの展示期間中に、ちらりとでものぞいていただけると嬉しいです。

SNSでは画質が落ちてしまうこともあり、映像の全編をSNSで公開する予定は今のところありません。

展示概要

期間:2022年4月22日 - 5月23日

場所:giving tree home(HPこちら

住所:石垣市字野底698-2

営業時間:金曜〜月曜 9AM〜4PM



作品紹介 + 裏話

作品それぞれについて。


vol.1 波に、誘われて(2'56")

撮影日:2021年2月5日午後

ロケーション:石垣島崎枝ビーチ

出演:Yumi

撮影/編集:Kiyomi

音楽:"Erosion" by Peter Sandberg

撮影機材:iPhone 12


これは実をいうと、まだUmiYomiの構想もなかった時に撮影したものです。

あとから見返すと今回の展示の序章にぴったりに思えて、アルバムから引っ張り出してきました。

2月とは思えないほど強烈な日射しの下、風が強く吹きつけていた波打ち際。水面に広がる光の反射が砂浜をえぐるようにエネルギッシュで、ちょっと踊ってみてよというわたしの適当なお願いに応えてくれたゆみちゃんが、しぶきと一緒にはためいて飛んでいってしまいそうだった、ある日の午後。


vol.2 何度も ただ還りたい(56")

撮影日:2021年7月4日夕暮れ

ロケーション:石垣島野底のビーチ

出演:Kiyomi

撮影/編集:Yumi

音楽:"Hypnosis" by Tomas Novoa

撮影機材:iPhone 12


こちらも、なんとはなしに切り取っていた景色です。

海中ロケハン後、他に誰もいない日没間近の穏やかな水面から離れ難かった数分間。ミニスカートのように見えるのは、腰まで半分だけ下ろしたラッシュガード。最後、全身が沈んでいるのは、深さのせいではありません。まだ足がつく浅瀬で膝を折りながら進み、入水していくふうに見せられるかを遊んでいたわたし達。よーく見ると、水面から頭が消えた後にブクブクと泡が映っています。ぽこんと浮き上がってきてしまわないよう、息を吐きながらしゃがみ込み、浮力を調整していたせい。

陽が沈んでいく時間帯、オレンジと黄色の薄い光が層になって入り込む水面下には暗い緑が広がるので、そこは少しだけ時差のある、夜明けの森のようでもありました。


vol.3 はじまりの記憶(3'27")

撮影日:2021年8月21日朝(海中)・9月(ビーチ)

ロケーション:石垣島の海・野底のビーチ

出演:Yumi, Kiyomi

撮影:Hideto, Kiyomi

編集:Kiyomi

音楽:

ver A. ー "Flight of the Inner Bird" by Sivan Talmor, "Oblivion" by Ilya Marfin, "Morning Hope" by Dmitriy Diomores

ver B. ー "Flight of the Inner Bird" & "A Journey's Epilogue" by Sivan Talmor

撮影機材:GoPro 8 (海中)・iPhone 13(ビーチ)


企画から練った最初の作品が、こちら。

音楽を予め選び、それに合わせてシナリオを作ってから撮影に入りました。わたしの役どころは、ゆみちゃんの水中アバター的存在に。これは、ちょうどその頃公開された映画、『竜とそばかすの姫』についてのネットニュース記事から着想を得ました。

撮影本番は、初回とあって想定通りにいかないことが多かった。けれど抜群の海況と透明度に恵まれました。海中シーン冒頭でわたしが沈んでいる岩場は、その数日前に見つけたばかりのポイント。乱反射する青い光と暗闇のコントラストには、鮮烈な美しさと白昼夢の曖昧さ両方が潜んでいるようで、イメージにぴったりだと思いました。

ちなみに今作だけ、一部BGM違いの2バージョンが出来上がり(選べなかった)、ギビングさんの展示ではそれらが交互に流れています。


vol.4 暗闇に差す光(3'20")

撮影日:2022年3月11日昼

ロケーション:石垣島荒川

出演:Yumi, Kiyomi

撮影:Hideto

編集:Kiyomi

音楽:"Ashes to Ashes" by Roie Shpigler, "The Winter" by Sid Acharya

撮影機材:GoPro 8 (水中)・iPhone 13(陸)


ダークなものを表したい。自然ってキレイなだけじゃないよね。という共通の思いがわたし達の間に生まれたのは、冬という季節のせいか、はたまた、思いの外ドリーミーな仕上がりとなったvol.3の反動か。暗い水中ということで、ロケーションに選んだのは川。前作の経験を踏まえて、いちばん入念に準備をできた回でした。

また、その頃続いていた大雨のせいで通常よりも川の水量が増し、シーンに迫力をプラスしてくれたのは思わぬ幸運でした。寒かったけど!!!!!

撮影日程として2日間を予定していたものの、1日目は水中が荒れすぎていて早々に断念(冒頭の激流感溢れる音と泡は1日目に撮影)。その分気合を込めて2日目に臨みました。2時間ほどで全てを撮りきってしまえたのは、綿密な打ち合わせもあったけれど、それ以上に寒さによるハイテンションのなせる技だったとしか思えない。

なお、今作でインスピレーションの1つになっていたのは、オーラヴル・アルナルズ作、歌はジョシンの『The Bottom Line』という曲です。歌詞と、歌手の方の声が素晴らしく刺さる...展示用には、この歌詞の一部を翻訳と一緒に挟んでおきました。ちょっとでも興味のある方はぜひ、聴いてみてほしい。


 

展示期間が半分ほど終わり、ちらほら感想をいただいています。

LINEくれたあなたやあなた、心からありがとう。


展示協力いただいている樹さん・視三紀さんには感謝しきれません。ギビングさんの素敵な空間と、2人との楽しい時間なくしては、展示用コレクションをまとめることはできませんでした。


手探りの冒険に共に取り組んでくれている、ゆみちゃんと比屋根くんにも、ありがとう。わたしは一緒にいる人の影響を知らぬ間に受けやすいので、このプロジェクトのアウトプット全て、2人がいてくれたからこその形になったと感じています。



試したいこと、挑戦したいことは様々に湧いてくるので、今年も何かしら新しいエピソードが生まれるだろうと思います。しかしその着地点については全く想像がつかない。半ば他人事のように、その不確かさを楽しみにしている自分がいます。



続く